薄毛の代表格と言えば最近よく耳にするようになったAGAと言えます。
男性ホルモンの変質によって発毛が阻害された結果、薄毛になっていくものです。
治療するには男性ホルモンが還元酵素による活性化する事を防ぐ治療薬を服用する事が現在では正しいと言われています。
しかし予防や治療薬は少なからず性機能に影響を及ぼす事が報告されており、医薬品なので肝臓に負担をかける事も事実としてあります。
そういった背景から使用に不安をもつ方も多いです。

ではAGAは薬しか治療方法はなく、副作用を覚悟して飲まないと改善や予防できないのでしょうか。
薄毛に関する研究は盛んに行われており、予防方法も確立してきてはいます。
治療薬が開発され一定の効果もあるのですが、研究が進んだことで薬以外では完全に予防できるかという質問には厳しいとしか言えません。

AGAは年齢問わず若い10代・20代でも発症するものです。
若い方は男性ホルモンも多く、その時期から予防や対策しようとするなら薬に頼らざるを得ないと言えます。
医薬品のAGA治療薬と効果が似ている天然成分でも効果は緩やかなので、緩やかすぎる為に医薬品に頼らざるを得なくなります。
対策としては生活習慣の乱れを正す事や食生活を改善する方法があります。しかし劇的に予防できる方法ではないので根気は必要になります。

AGAは男性ホルモンの変質が起こり、そして進行性です。
薬以外で予防や対策する方法は確立していません。しかし薬が必ず必須とは言えません。
薄毛の状態や年齢によって毎日服用する必要はなく、改善は難しくても医薬品に頼らず維持する事は可能と考えられています。
つまり薬以外でAGAを完全に治す事は不可能ですが、生えている髪の毛を維持するのに薬は必須ではないという事です。

AGAでは男性ホルモンの抑制と血流の改善を行いますし、薬でもその効果を得る様に作用しています。
男性ホルモンの抑制は年代により難しいですが、血流改善して髪の毛に良い栄養を体内に取り入れる事で、服用していると同じような状況を作り出す事は可能です。
薬に頼らない場合は、年代によってですが血流改善に着目して予防していく事になります。

また植毛やカツラで対策する方法もあります。
植毛やカツラの技術は非常に進歩しており、見た目では地毛かどうか判断できない程です。
様々な方法で対策できるので、運動やサプリメント・食事療法等と併用すると良いでしょう。

今から自宅でできるAGA予防方法

AGAは男性ホルモンが還元酵素によって活性化する事で起こります。遺伝性や男性ホルモンに関しては薬以外に対策はありません。
しかし悪い影響を及ぼさない様にする事は日常生活を正す事で可能です。血行が悪い事はAGAを悪化させる事になります。
食事で脂質や糖質を摂りすぎると血液はドロドロになります。髪の毛に必要な栄養は血流にのって届けられます。
それをドロドロの血流だと阻害してしまい、十分な栄養を届けられなくなります。
そうする事でAGAの進行は加速していきます。維持するには血流改善は必須と言えます。

不健康な生活はAGAでなくても薄毛のリスクを高めます。
夜更かし・喫煙は髪の毛の敵と言われています。睡眠により成長ホルモンが分泌されて髪の毛のダメージを修復します。
夜更かしする事で成長ホルモンの分泌を阻害して髪の毛のダメージを修復できなくなります。
ダメージが蓄積する事で頭皮の新陳代謝も滞り、髪の毛が抜ける要因になっています。
AGAの進行と合わせて薄毛を進行させてしまうので、夜更かしは大敵と言えます。

喫煙はビタミンを大量に消費します。このビタミンは髪の毛の育成に必要な成分です。
喫煙する事で必要なビタミン群を確保できなくなってしまいます。
栄養素の代謝を担う肝臓も悪くなるので髪の毛への栄養供給が滞ります。禁煙はAGAまたは薄毛対策に必須な事です。
運動不足は筋肉低下を引き起こします。筋肉は血液を流すポンプ機能がありますので、低下する事で血流が悪化し、髪の毛への栄養供給ができなくなります。

また老廃物の排出が汗をかかないので滞り、頭皮環境を悪化させてしまいます。
頭皮環境はマッサージ等だけでは改善できません。何事も1つだけ行っても効果は現れないのです。
AGAはホルモンが影響を及ぼしています。しかし体内環境を改善する事で進行を抑制させることは可能です。
上記の様に生活習慣を見直し、食生活を改善して身体の悪影響をなくすと予防する環境が作れます。
自宅ではこれらの見直しと、血流をしっかり髪の毛に届けるマッサージや運動が必須と言えます。